>  > 箱モノ風俗での積極的な接客

箱モノ風俗での積極的な接客

某箱モノ風俗店に行って来ました。普段はあまり風俗通いなどはしないタイプなのですが、会社仲間と飲み会の後のノリで行って来た次第です。ジャンルは、ピンサロになるんでしょうか。相手をしてくれた女の子は、ぽっちゃりとした体型で、小柄な容姿。少し会話を楽しんでいたら、相手の方から跨ってきて、抱っこの状態で触ったり、また喋ったりしながら時間を過ごしました。超至近距離でのコミュニケーションに、ムスコはかなりギンギンにさせられ、チャックを降ろされて、フェラチオを開始されました。フェラチオと手コキをいい感じのタイミングで切り替えて責めてくれました。イキそうでイカない感じの絶妙な責めに、快感がずっと続くような時間でした。最後は、口の中に発射させてもらったんですが、ビクビクがどこまで続くのかというくらいの射精感でした。手のひらにザーメンを出しながらニッコリと笑う表情に、思わず抱きしめてしまうほど愛おしくなってしまいました。

風俗嬢はとにかく優しい

俺のことが何よりも好きだと言っていた女はいきなりふってきました。何せそういうことを言う女はもう信じません。当分彼女もいりません。だけど女は抱きたいから風俗だけはしっかり行くか呼ぶかします。この間も出張先でその話をしながら性感マッサージを受けていました。どれくらい貢いだのか俺もわからないくらいあいつには買ってやったのにまさかそんな風にいきなり別れを言われるとは思っていませんでした。その話をするとだいたい風俗嬢は優しいしマッサージも極上でした。俺は割とS系だと自分で思ってたんですが最近は受け身も悪くないかもしれないです。それなりに楽しんでいるのでこれからもそいつを楽しもうと思います。風俗嬢は地方に一人はお気に入りを作りたいもんです。出張ばっかりなんでその先その先に楽しめる女がいれば行く甲斐もあるからです。もう特定の女は作らずにひたすら風俗嬢とイチャイチャして過ごしていきたいと思います。信用はできなくなりましたからね。

[ 2016-05-08 ]

カテゴリ: 風俗体験談